何歳からできるマリンスポーツか

何歳からできるマリンスポーツか スキューバダイビングは、酸素ボンベを使って水中で呼吸を行うことができるマリンスポーツです。酸素ボンベから供給される空気はレギュレーターと呼ぶ装備で呼吸を可能にする、特別難しいものではなく訓練を行うことでそれを容易に行うことができるようになります。スキューダイビングはラインセンスが必要なスポーツでもあり、免許を取得するためには学科および技能を学ぶ、テストを受けてそれに合格することが欠かせません。

水中には地上とは異なり水圧が人間の体に影響を与える、これは潜水学の中で学ぶことができるようになっています。ライセンス講習を行っているショップでは、未成年者でも対応を可能にしていることが多いのですが、実際には何歳から講習を受けることができるのか、これについて疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。基本的には、ライセンス資格は10歳から可能になっており、年齢だけで考えれば小学生からでもダイビング講習を受けることができるようになっています。

パニックはダイビングにおいて死に繋がることもある

パニックはダイビングにおいて死に繋がることもある スキューバーダイビングは水中散歩を楽しむことができるマリンスポーツとして知られていますが、水中には水圧があり陸上で生活している人間の世界とは異なる環境を持つことを十分理解しておく必要があります。技術および知識を持っていれば安全性が高いマリンスポーツではありますが、水中でパニックに陥ると死に繋がることもある、冷静な判断力はスキューバーダイビングには必要不可欠です。

基本的には2名1組で潜行を行うことが必要で、片側の酸素ボンベの残量がゼロになった場合でも、片方のボンベの酸素を2人で吸引できるオクトパスの装備も欠かせません。パニックになる要因の中には水中での行動に原意が隠れており、海藻やネットなどが体にまとわりついたときに起こりやすく、冷静な判断を行うための訓練も欠かせません。仮に、一人がネットなどに体が絡んでしまった場合でも、2人一組でスキューバダイビングを行っていることで片方がそれを解除してくれる、信頼関係も重要なポイントです。

ダイビングに関するおすすめリンク

伊良部島でのダイビングをご案内するダイビングショップのサイト

伊良部島 ダイビング